神奈川県の大磯町にある治療院のブログです
来年、2012年はどんな年?(壬辰について)ーその1ー
  ブログも、日々書くこと(それ以前にパソコンに向かうこと)を習慣化していないと、全く途絶える事になる。中学校の理科で習った慣性の法則はこんなところにも適用するようだ。

  さて、来年はどんな年になるだろう?昨年もこのブログで独断による予想をしてみたが、今読み返してみると、「なるほど」と我ながら思う。

  私の予想は、算命学を基本として考えている。中国古代の陰陽論を原点として、暦を十干十二支で割りだし、現代の社会性や状況に照らし合わせて解釈する。
  まあ、たわいもない、勝手な戯れごとなので、以下時間つぶし程度で読んでもらえたらありがたい。

  来年は、干支で壬辰(みずのえ・たつ)の年である。

  まずはその意味であるが、一言で壬(みずのえ)は大海。
  辰は、新たに起こるとか自由気まま(どちらかというとカオスに近い)を意とする。

  海の中に辰がいるイメージを想像していただきたい。本来、辰は天空を飛び回る架空の動物である。しかし、その辰が海にいるのだ。

  海にいる辰は、もちろん自分では大きな海を動き回っていると思っている。しかし、そこは所詮海であり、天空ではない水の中。限界があるのである。どんなに動き回っても海は海。つまり、海の上には実は、無限の天空が広がるのに、それに気づかないでいる状態なのだ。
(その2に続く)

空と雲と大地。これは不変だ。


| 日記 | comments(0) | trackbacks(0) |
来年、2012年はどんな年?(壬辰について)ーその2ー
  これは来年の社会状況で解釈してみると、一言で「圧迫、抑制」の年になるということ。

  もちろん、各人がその圧迫下の状況に満足しているのであれば問題はない。しかし、もっと大きな視点から見て、海の上には天空があるのだということに気がつくと、そこは、とても窮屈な空間となる。

  人は、各自それぞれの価値観や世界を持っている。 何かに縛られていたい、縛られて安心したいと思う人は、それはそれで良いだろう。だが、自由こそ生き甲斐という人にとっては、来年は不安な世の中になるのではないか。

  私は、その圧迫、抑制を「情報」と見ている。どういうことかというと、何においても情報が氾濫し、情報過多となる。

  日々刻々と変化する情報。多くの人にとって、この世の中で頼りとしている情報源は、マスコミである。テレビ、新聞、そしてインターネット。色々な政治家や文化人たち、今まで世間にオピニオンリーダーと言われてた人たちが、各自勝手な情報を流す。さらに一般の人達もツイッターなどにより勝手なことを言い流す。

  しかし、様々なところから発信される情報は、あまりに氾濫するので、何が真実で、何がウソなのかが、わからなくなってしまう。そこで、大衆(恐らく日本だけでなく、世界中)はその情報というものに翻弄されることになる。
(その3に続く)

この時期にピラカンサスの花が咲く。
これもひとつのハプニングである。


| 日記 | comments(0) | trackbacks(0) |
来年、2012年はどんな年?(壬辰について)ーその3ー
  また、壬辰年は、想定外のことが起こる(ハプニング)年である。

  そうしたハプニングに対して、いかに冷静かつ覚醒した状態でいられるか。各人のそれまでの生き方の真価が問われることになる。氾濫した情報に振り回されず、真実、そして真理たることに従い行動することができるか。

  極端な話、地球上の一生物である人類全体にとっても大事な選択を迫られる年になるだろう。そして最後は、生き方そのものに対し、各自が責任をもって決断しなければならなくなる。

  周りに流されるのではなく、今から(本当に今この瞬間から)、自分自身の立場(生きて行く世界)というものをしっかりと意識しておくことが必要である。

  こうした立場を常に踏まえ、しっかりと大地に立つこと、深く根を張り始めることが、翌年(2013年)の巳年にむけての大事なステップにもなっていくであろう。

来年もよい年でありますように。


| 日記 | comments(0) | trackbacks(0) |
<< 2/16PAGES >>