神奈川県の大磯町にある治療院のブログです
<< 来年、2012年はどんな年?(壬辰について)ーその3ー main 来年、2012年はどんな年?(壬辰について)ーその1ー >>
来年、2012年はどんな年?(壬辰について)ーその2ー
  これは来年の社会状況で解釈してみると、一言で「圧迫、抑制」の年になるということ。

  もちろん、各人がその圧迫下の状況に満足しているのであれば問題はない。しかし、もっと大きな視点から見て、海の上には天空があるのだということに気がつくと、そこは、とても窮屈な空間となる。

  人は、各自それぞれの価値観や世界を持っている。 何かに縛られていたい、縛られて安心したいと思う人は、それはそれで良いだろう。だが、自由こそ生き甲斐という人にとっては、来年は不安な世の中になるのではないか。

  私は、その圧迫、抑制を「情報」と見ている。どういうことかというと、何においても情報が氾濫し、情報過多となる。

  日々刻々と変化する情報。多くの人にとって、この世の中で頼りとしている情報源は、マスコミである。テレビ、新聞、そしてインターネット。色々な政治家や文化人たち、今まで世間にオピニオンリーダーと言われてた人たちが、各自勝手な情報を流す。さらに一般の人達もツイッターなどにより勝手なことを言い流す。

  しかし、様々なところから発信される情報は、あまりに氾濫するので、何が真実で、何がウソなのかが、わからなくなってしまう。そこで、大衆(恐らく日本だけでなく、世界中)はその情報というものに翻弄されることになる。
(その3に続く)

この時期にピラカンサスの花が咲く。
これもひとつのハプニングである。


| 日記 | comments(0) | trackbacks(0) |
comment



この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-care.com/trackback/59
trackback
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
Selected Entries
Categories
Profile
Archives
Recent Comment
Links
Mobile
qrcode