神奈川県の大磯町にある治療院のブログです
<< 2011年の干支 main マラソンランナー >>
頭痛のこと
  今の世の中、頭痛で困っている方は多くいます。
「今日は頭痛で、何もできない」と言う人まわりにいませんか?
  もしくは、「はい、まさに当事者です。」というその人自身かもしれません。
  しかし、頭痛持ちだけが感じる悩み。それは、頭痛持ちでしかその痛みを理解できないということです。

  うちに来られる頭痛の患者さんが共通して言うことがあります。
「今日は頭痛なんです。と言っても、まわりは、ふーーんで終わり。全くこの痛みをわかってもらえない。」
  頭痛って、たかが頭痛でしょ!ってものではありません。本当に痛いのです。何もできなくなるのです。ただひたすら一人耐えるしかない。

  なんで、こんなことを書いているかというと、私も小学校以来の長年の頭痛持ち。私の頭痛は群発性頭痛という分類に属し、一年から数年に一度の間隔なのですが、右側のこめかみのちょうど奥。眼窩部に数秒間、神経をキリでつつかれるような痛みが集中的におこります。
  この痛みがはじまると、あー来たか、また来たか、とただひたすら耐えるのみ。何もできない状態となります。

  ただこの痛み、まわりに話しても、確かにふーんで終わり。どうにもこうにもならない。ただ一人我慢です。(トンプクを飲めば済むのでしょうが、この業界にいるので、何とか薬は避けたいという性分は、いた仕方あるまい)
  ということで、もし、まわりに「今日は頭痛で何もできない。」という人がいたら、せめて本当に痛くて大変なんだな、とわかってあげるだけで、本人にとってはとても楽になります。大したことではありませんが、ちょっとした気配りって頭痛持ちにとってはありがたいことなのです。

  ちなみに、頭痛は大きく3種類に分類されます。緊張性頭痛、偏頭痛、そして群発性頭痛です。それぞれ痛みの感じ、痛む場所、原因等は異なりますが、ほとんどの患者さんに共通しているのは、頭皮や首、肩の筋肉が硬くなっていることです。当院では症状など詳しくお話を伺いながら、硬くなっている筋肉をマッサージや鍼を使ってほぐしていく治療を中心に行います。
  頭痛で悩まれている方、是非一度ご相談いただければ幸いです。



| 治療一般 | comments(0) | trackbacks(0) |
comment



この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-care.com/trackback/37
trackback
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
Selected Entries
Categories
Profile
Archives
Recent Comment
Links
Mobile
qrcode