神奈川県の大磯町にある治療院のブログです
五行論
  陰陽論と並んで東洋医学の基本となるのは五行論(ごぎょうろん)である。五行論とは、この世は、「木火土金水」(もっ・か・ど・こん・すい)の5種の物質で構成されているという説である。古代中国人が日常の生活の中で不可欠の基本物質として認識したのが、この5種の物質である。

 「木」は燃えると「火」となる。「火」はやがて灰となり「土」になる。「土」は地中で固まり「金」(意味としては鉱物)となり、「金」は冷えると表面から「水」が生じる。(水は、山の岩の間から生じるという説もある)「水」は、地面から「木」を生じる。というように、木火土金水という流れのなかで、相互に作用し、全体としてつながっているというわけだ。

  この五行は、自然界と人体にも配当される。
  例えば、(以下、木火土金水の順)
季節(五季)は、春、夏、長夏(季節の分かれ目の土用のこと)、秋、冬
方角(五方)は、東、南、中央、西、北
色(五色)は、青、赤、黄、白、黒
内臓(五臓)は、肝、心、脾、肺、腎
味(五味)は、酸、苦、甘、辛、鹹(かんと読む。塩辛いの意味)
器官(五官)は、目、舌、口、鼻、耳
感情(五志)は、怒、喜、思、憂、恐

  等々、あらゆるものが、五行に配当されると考えられている。
  現代文明に暮らす我々からみると、理解に苦しむところもあるが、当時の古代中国人によるこの世に対する一つの見方であり、考え方とすればいいのではないだろうか。

  しかし、意外と現代でも使える面もある。たとえば食べものを五行に分類すると、彩りがよいうえにバランスよく食べられる。
  食べものを色に分けると(五色)、青菜は青で木、にんじんは赤で火、穀物は黄色で土、だいこんは白で金、胡麻は黒だから水など。五色を食卓に並べれば、そのままバランスのとれたメニューになる。

  また、五臓六腑というけれど、この五臓は人体の内臓を五行に分類したもので、鍼灸や漢方理論の基本となる。四柱推命や九星気学といった占いも、実は生年月日を五行に分けて鑑定する。今でも色々な分野で五行論は生きている。

  この五行の関係性は、一つの解釈であり、若干のこじつけもあるが、古代中国人による生活の知恵として寛大に解釈すれば、結構現代生活にも使えておもしろい。
  まあこのガチガチの緊張高まる現代社会には、逆にこうした五行論を理解する包容力も必要なのかもしれない。

メコン川の月明かり(於:ラオス)
古代人はいつもこんな景色を見ていたのだろう。


| 食べ物 | comments(0) | trackbacks(0) |
食べること(咀嚼編)
  人間の体をよく観察してみると、普段何気なく過ごしていたことなのに、あらためて凄い!と気づくことがある。その一つが、食べものの消化である。

  よく意識とか、無意識とかいう言葉を使うが、この消化活動においては全て完璧なまでに無意識下のこと。自律神経やホルモンなどにより、意識することなく、自動的に行われる。意識下にあるのは、食べ物を見つけ出し、口に運び、咀嚼(そしゃく)するところまで。その後の嚥下(えんげ・飲み込むこと)から先の消化活動は、全て無意識下での体内のできごととなる。だからこそ、私たちが意識下の世界でやるべきことは、しっかりと食べものを摂り、咀嚼することなのである。

  今回の話題は、その咀嚼についてである。
  咀嚼、つまり噛む事は、美味しく食べる上でも、また健康状態を保つ上でも大事なことである。よく噛む事により、食べ物が口の中で分解され、さらに唾液に含まれるアミラーゼはデンプンを麦芽糖にするし、ムチンは食塊をなめらかにする。こうして口の中で十分に粥状となった食べものが、食道を通り、胃、小腸へと進むのである。胃や腸における活動を円滑にするためにも、咀嚼はとても大事なのである。

  うちに来る患者さんには、30〜50回は噛みなさいとアドバイスしている。それだけ噛むと食べものはほとんど固形状態から液体状態になる。液体状態になって飲み込むことができれば、無意識下の体内消化活動はとても働きやすくなる。これが自分の体に対してのやさしさなのかもしれない。

   さらにこれだけたくさん噛むと、咬筋の運動にもなり、筋力もアップするが、疲労も出る。その疲労があるから、逆にあまり過剰な量を食べることはなくなり、肥満に対しての予防にもなる。また、アドバイスついでに、咀嚼するときは、左右両方で偏ることなく噛むことも指導している。片方だけで噛む癖のある人は、首や肩こりの原因になることもあるからだ。

  しかし、この忙しい現代社会、多くの人が実際はほとんど噛まずに一気に飲み込んでしまっているのが現実である。そうすると胃や腸の負担が増し、消化器系の疾患につながってしまうことにもなりかねない。また現在は、食べるものも、噛む必要のほとんどない柔らかいものが多いのも事実。例えば鶏肉も、工場生産のようなブロイラーだと、噛まなくてもいいくらいやわらかい。(というよりブヨブヨ)

  現代の流行が、肉は柔らかいのが美味しいということになっているようなので、それはそれでいいかもしれないが、庭で放し飼いしているような本物の地鶏の肉は、しっかり噛まなければならないほどかたい。このしっかり噛まなければ飲み込めないほどのかたい肉ほど、噛めば噛むほど味が出る。噛んで噛んで、味が出て、そして唾液とからみあって口の中で絶妙なうまさになる。そしてぎりぎりのところまで、うまみを楽しんだ後に、飲み込む。 これが、美味しく食べるということなのである。

  噛む喜びは、食べものによっても異なる。これが食感という楽しさなのであるが、もうひとつ言うと、ゆっくりと時間をかけて噛むことも大事である。できれば、食べ物を口に入れたら、一旦箸を置き、ゆっくり噛みしめて、ごくんと飲み込んだ後また次の一口、というくらいのペースが内臓にもやさしく、体全体にとっても良いのだ。

  朝食、昼食と慌ただしい毎日でも、せめて夕食は、ゆっくりと噛みしめて、ゆっくり味わう時間にしたいものである。

やわらか〜いお肉も美味しい。でもしっかり噛みましょう!


| 食べ物 | comments(0) | trackbacks(0) |
食べること。
 よく患者さんから、「先生のブログは食べ物の話が多いですね」と言われる。
  実はそのとおり。否定せずに素直に肯定する。我々は、二人とも食べることが大好きなのである。
  そして食べることは、生きることの基本であり、健康にとって最も大事なことだと思っている。なので、時折患者さんにも、食べることの大事さについての話をしている。

  私は、健康の秘訣は3つあると考えている。
1つ、美味しく食べること
2つ、気持ちよく排泄すること
3つ、よく寝ること

  この3つがしっかりとそろっていれば、まず健康な状態であることは間違いない。
患者さんをこの3つの状態になるように手助けすることは、当院の治療目的でもある。
  しかし、この美味しく食べることも、なかなか簡単ではない。奥が深い。

  美味しく食べるには、まず内臓が健康でなければいけない。食べものは、胃から分泌される胃酸(強烈な酸性)で分解した後、腸で栄養を吸収する。この栄養分が血液として体内にある60兆個の細胞に運ばれ、代謝が行われる。人類は系統発生学的には、腸から始まったとも言われている。生命体である以上、食べることは、生命維持のための基本中の基本である。

  また美味しく食べるには、当たり前のことだが、美味しいものを食べることも大事である。(そのため当ブログでも食べ物ネタが多くなる。)では美味しいものとは何か?となると、これを書き出すと本が一冊書けるほどの量になってしまうので、ここでは触れないが、(美味しいものとは何か?については、今後またブログで書いていく予定)とにかく、外から口にいれるものは、体にとって必要不可欠なものなのである。

  美味しいものが口に入ったら、次は何か。味覚神経への伝達である。舌にある味覚神経から大脳中枢に味覚という刺激を伝えるのだ。この脳に伝わった味覚感覚こそ、私は自分がこの世に存在する中での最高の幸せだと思っているし、この感覚を毎日大事にしている。生きる基本でもあるのだ。
  味覚は舌の前と後ろでは異なる2つの脳神経に支配されている。それだけ繊細ともいえる。 さらに、他の五感である視覚、嗅覚、触覚(食感)、温度覚、ときに聴覚も関係し、食べものを美味しく味わうという全体感覚となる。

  つまり、美味しく食べることができれば、健康であるということなのである。
  そしてもうひとつ、美味しく食べるために大事なことは咀嚼(そしゃく)である。

  咀嚼については次回ブログにつづく。

湘南平にて


| 食べ物 | comments(0) | trackbacks(0) |
唐辛子の収穫
JUGEMテーマ:深まる秋

  庭の唐辛子が色づいてきました。
  この夏、近くのホームセンターで苗を購入し、庭に植えたものです。特に肥料もやらず放っておいたのですが、すくすくと育ち、最初は青唐辛子が、秋に入ってからは次々と実が赤く色づいています。

  同じ時期に植えたシソやオクラの葉は、バッタに食べられ穴だらけになってしまいましたが、唐辛子には虫も近寄りません。実際この唐辛子、かなり辛いです。一口かじっただけで火を噴くような、とんでもない辛さです。ネットで調べてみると、「過酷な環境(少ない水、良くない土)で育てると辛くなる」と書かれていましたが、本当でしょうか。。

  唐辛子の主な成分は、辛みのもとであるカプサイシンと、他にはカロテン、ビタミンCなどです。カプサイシンは小腸から吸収されて血液中に入り、発汗作用を促します。よく、カプサイシンにはダイエット効果があるなどと言われますが、汗をかいただけで痩せる(体脂肪が減る)ことはありません。代謝の際エネルギーとして使われるのは、血液中のブドウ糖や肝臓に貯蓄されているグリコーゲン。それが底をつくと、ようやく体脂肪の出番となるわけですから、体を動かさずに痩せるなどどいうのは土台無理な話ですよね。
  また、食べ過ぎは胃腸の粘膜を荒らすことにもなるので、唐辛子は料理のちょっとしたアクセントに使うぐらいが良いようです。
 
縁側で乾燥中


| 食べ物 | comments(0) | trackbacks(0) |
オクラの花
 JUGEMテーマ:季節の旬なもの
   
 庭にオクラの花が咲きました。

 薄いクリーム色の花びらと、奥の赤紫色のコントラストが美しく、この花を見ていると、とても癒されます。

 花が咲き終わると、今度は食べるオクラに変身です。見て癒され、そして食べても元気になる。夏のオクラは最高です

 オクラは、カルシウム、鉄、カロテン、ビタミンB1などを多く含み栄養豊富な割には、100グラムあたり30キロカロリーと低カロリーなので、ダイエットにも効果的です。
 また、オクラのネバネバの成分はペクチン、ガラクタンなどの食物繊維で、整腸作用や夏バテ防止に効果があります。

 実はこの花も食べられるようですが、やはり見て癒されるのがいいですね。






| 食べ物 | comments(0) | trackbacks(0) |
えだまめ
JUGEMテーマ:季節の旬なもの
 
 近所で「枝豆」を買ってきました

 治療院のそばにある「たかはしストアー」(すでに閉店されています)の敷地で、農家の方が、その日の朝収穫したばかりの枝豆を売りに来ます。



かなりの量ですが、二袋三袋とまとめて買っていかれる方も、結構いらっしゃいます。
 塩ゆでにしてザルに上げ、熱々のところに塩を多めに振って食べると、なぜか止まらなくなります
 
 豆にはビタミン、ミネラル、たんぱく質などが豊富に含まれているので、夏ばて解消にはもってこいです。また、豆類に含まれる大豆イソフラボンは、女性ホルモンと似た働きをするので、更年期障害や骨粗鬆症の予防にも効果があるんだそうです。

 8月下旬には販売終了となるそうですが、毎日もりもり食べて、女性ホルモンで若返りを図ります!(願望)。



| 食べ物 | comments(2) | trackbacks(0) |
1/1PAGES
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
Selected Entries
Categories
Profile
Archives
Recent Comment
Links
Mobile
qrcode