神奈川県の大磯町にある治療院のブログです
暑い日にできること。

「本当、暑いですね」が挨拶の枕詞となっている今年の夏。

しかし、暑い日が続く時にこそできることがある。

 

 

梅の土用干しだ!

真夏の太陽の光をいっぱい浴びてこそ旨味となる。

 

今年は庭の梅が豊作で、ざるで3つ、10キロ以上の梅を干すことができた。

暑い夏は、汗をかいたときの塩分補給にも梅干しは欠かせない。

食べ頃には少し熟成が必要だが、乾いた直後の梅干しもジューシーで美味。

考えただけで、口の中が酸っぱくなるのもまた良し。

 



| 暮らし | comments(0) | trackbacks(0) |
2011年の干支
  2010年は皆様には大変にお世話になりました。
さて、来年2011年はどんな年になるのでしょうか?

  日本では来年の干支(えと)は、十二支である卯(う)年であることは良く知られています。
  しかし、正確には十二支だけでは不十分で干支の干である十干の辛(かのと)と合わせ辛卯(かのとのう)年ということになります。
今回は、来年の干支である「辛卯」がどんな年になるか、私の独断的占いをしてみましょう。

  まず、辛卯の年は、何かが新しく始まるという意味があります。過去をもう一度冷静に見つめ直し、その中に埋もれていたことに磨きをかけるのです。磨きをかけ新しいものにするのです。

  今のご時世はあまり景気もよくないし、政治にしても経済にしても何かぱっとしない、不安な日常が続いているような感じがします。こんな中で、何か今までにはなかった何か新しい価値観というものが沸きおこってくるのではないかと、期待するところであります。

  この新しい価値観というのは、過去の一般的に良いとされてきた価値観ではない、それは政治や経済といった概念にとらわれない世界観といっていいと思います。
  そのため、逆に今までの価値観にまだ縛られているような生き方をしていては、益々不安が増大していくことにもなります。
  ですので、今までの世間的価値観や、過去のしがらみや執着を捨て、新しい自分自身に気づくには良い年となるでしょう。

  特に十干である辛には、そこに既にあるのに、その本当の良さに気がつかなかったものに、今一度新たに気づくという意味があります。何気なくあったもの、放ったらかしにしていたもの。そういったものに再度気付き、ホコリをとりはらい、磨きをかけていく。新しくお金をかけて買わなくてもよい。何か今あるものを知恵を使って磨き直そう。そんな意味なのです。

  2011年も素晴らしい1年になりますよう!
(干支を使う旧暦の2011年は正確には2011年2月4日〜2012年2月3日です。)



| 暮らし | comments(0) | trackbacks(0) |
これが私の生きる道

この中に、何かいます。わかりますか?



近寄ってみます。これでわかりましたか?



さらに寄って、別の角度から。



最近、庭のオクラの葉っぱが、穴だらけになってしまいました。
何か虫の仕業かな、と思っていましたが。。。
なんと、体長15センチほどのカマキリでした。
とても大きいのに、上手に保護色になっていて、完全にオクラと一体化していました。
ちょっと見た目、全くわかりませんでした。

うーん。何とも自然。
 カマキリの弁。。。「これが私の生きる道」

一方、オクラの方は、葉っぱは穴だらけでも、大事な実はそのまま元気に育っています。
オクラの実は独特の匂いがあります。カマキリも近づけないのかな。
 オクラの弁。。。「これが私の生きる道」


| 暮らし | comments(2) | trackbacks(0) |
1/1PAGES
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
Selected Entries
Categories
Profile
Archives
Recent Comment
Links
Mobile
qrcode