神奈川県の大磯町にある治療院のブログです
風邪の治し方
 JUGEMテーマ:病気

  先日久々に風邪をひいた。
  実は、前々から風邪をひいたらあることをしたいとずっと思っていた。
  それは、全く薬を飲まずに、自己治癒力だけでどうなるのかという実験である。

  まず経過を記す。
初日:喉が痛くなる。
2日目:喉がかなり痛くなり、話すのがおっくうになる。
3日目:喉の痛みにプラスし、鼻水が大量に出る。鼻をかんでもかんでも出てくる。
4日目:熱が出る。最高38度9分。頭痛もありふらふら。夜間大量の汗
5日目;熱はそのまま。38度代キープ。頭痛も変わらず。夜間大量の汗は変わらず。
6日目;熱が37度代まで下がる。かなり気分は楽になる。
7日目;朝起きたら平熱に戻っており、気分もすっきりで完治。
  以上である。

  初日から3日目までは普通に生活もできていたが、4〜6日目は熱が出たため安静にし、夜はかなり早くに寝た。実際熱が出ると体を動かすことはつらいので、抵抗せずにただただ安静にして寝ているだけ。風呂は4日目以外は普通に入り、食事は3食ともとった。(いつもより食欲は減るが、なるべく栄養をとるように意識した。)

  熱が出るというのは、それこそが自己治癒力で、体が風邪のウイルスと戦っているためであって、それは不快感も伴うが、むしろありがたい体の抵抗力である。こうして熱が出ることによって、風邪が治るのである。

  今回の実験により、自己治癒力の素晴らしさを改めて実感した次第である。ただし、風邪をひいてから完治までは約1週間という時間を要する。しかし、1週間かけて治す価値はあるように思う。というのは、7日目の朝、完全に熱が下がってからは、頭痛、鼻水、喉の痛みという風邪の諸症状が完璧に消えたからだ。過去に風邪をひき、薬を飲んだときは、治っているのかわからず、なんかだらだらと症状が続いていた記憶がある。それに比べるとこの病後のすっきり感は段違いである。

  現代人は何かと忙しく、ゆっくりと風邪をひくのも大変だが、たまには、風邪とともに自己治癒力を実感する時間を過ごしてみるのも粋ではないだろうか。

注意:本記録は、私自身の経験談であり、風邪に対しての治療責任を負うものではありません。

大磯運動公園にて


| 治療一般 | comments(0) | trackbacks(0) |
嗅覚と記憶
  今日のお昼に近所の小学校前を通りかかったとき、ふと何か懐かしい匂いを感じた。
  すぐに、そうそう、給食の匂いだということを思い出した。

  給食の匂い。今からもう30年以上も昔。小学生のときに嗅いだあの匂い。
  白のかっぽう着を着て、クラスの給食が入ったコンテナを取りに入ったあの給食室の匂い。昼食時になると学校全体に満ちるあの匂い。給食の大小おかずとコッペパンと牛乳と、全てが混ざりあったようなあの匂いなのだ。

  給食って、あれから全然変わっていないんだ!という驚きもさることながら、30年以上使っていなかった小学校のときの嗅覚記憶が、いきなりよみがえったことに、もっと驚いた。
  匂いの記憶って、勉強して意識で記憶するものではないから、無意識そのもの。その無意識の記憶に我ながらあっぱれである。

  確かに嗅覚神経というのは、12ある脳神経の最初の1番でもあるし、他の脳神経のような末梢神経とは違い、大脳皮質(古皮質)に直結する中枢神経。古皮質は鮫など下等生物にも見られ、そこには記憶を司る海馬(かいば)などもある。そのため嗅覚と記憶は自然とセットになりやすいのかもしれない。人間にとっての嗅覚記憶。それはまさに生物の本能ともいうべき領域といえるだろう。

  ところで、当院は、木(柱と天井)と畳(床)と紙(障子に襖)そして時にお灸(もぐさ)といった自然な匂いの中で治療を行っている。こうした和の匂いも日本人としての記憶を思い出し、一つのリラックス効果になればと期待している。

  そういえば、最近、外に出ると近所の梅の香りが漂ってくる。「梅=春が近い」という記憶も例にもれず瞬時によみがえる。なんだか心も体もワクワクしてくる。



| 治療一般 | comments(0) | trackbacks(0) |
頭痛のこと
  今の世の中、頭痛で困っている方は多くいます。
「今日は頭痛で、何もできない」と言う人まわりにいませんか?
  もしくは、「はい、まさに当事者です。」というその人自身かもしれません。
  しかし、頭痛持ちだけが感じる悩み。それは、頭痛持ちでしかその痛みを理解できないということです。

  うちに来られる頭痛の患者さんが共通して言うことがあります。
「今日は頭痛なんです。と言っても、まわりは、ふーーんで終わり。全くこの痛みをわかってもらえない。」
  頭痛って、たかが頭痛でしょ!ってものではありません。本当に痛いのです。何もできなくなるのです。ただひたすら一人耐えるしかない。

  なんで、こんなことを書いているかというと、私も小学校以来の長年の頭痛持ち。私の頭痛は群発性頭痛という分類に属し、一年から数年に一度の間隔なのですが、右側のこめかみのちょうど奥。眼窩部に数秒間、神経をキリでつつかれるような痛みが集中的におこります。
  この痛みがはじまると、あー来たか、また来たか、とただひたすら耐えるのみ。何もできない状態となります。

  ただこの痛み、まわりに話しても、確かにふーんで終わり。どうにもこうにもならない。ただ一人我慢です。(トンプクを飲めば済むのでしょうが、この業界にいるので、何とか薬は避けたいという性分は、いた仕方あるまい)
  ということで、もし、まわりに「今日は頭痛で何もできない。」という人がいたら、せめて本当に痛くて大変なんだな、とわかってあげるだけで、本人にとってはとても楽になります。大したことではありませんが、ちょっとした気配りって頭痛持ちにとってはありがたいことなのです。

  ちなみに、頭痛は大きく3種類に分類されます。緊張性頭痛、偏頭痛、そして群発性頭痛です。それぞれ痛みの感じ、痛む場所、原因等は異なりますが、ほとんどの患者さんに共通しているのは、頭皮や首、肩の筋肉が硬くなっていることです。当院では症状など詳しくお話を伺いながら、硬くなっている筋肉をマッサージや鍼を使ってほぐしていく治療を中心に行います。
  頭痛で悩まれている方、是非一度ご相談いただければ幸いです。



| 治療一般 | comments(0) | trackbacks(0) |
湯治
  今回は私が好きな温泉の紹介をしたい。
  当院から車で40〜50分の湯河原温泉に、「ままねの湯」という素晴らしい湯治場がある。

  派手ではないし、大きくもないが、レトロな感じはほどよく、なんたって200円という破格の安さと、82〜84度という源泉を水で薄めることなくそのまま自然に冷まして使うところなど、温泉通にはたまらない魅力の湯治場である。
  そのためとにかく熱いのが特徴。だから入り方にもコツがある。(浴槽は42〜46度)
しかしこのコツを覚えると、身体の持つ自己治癒力という自然の力を直に感じることもできる。まさに湯治なのだ。

  この「ままねの湯」は歴史も古い。パンフレットによると、今をさかのぼること1200年前の、AD900年頃に弘法大師が発見したとされる。その後1100年代には、かの源頼朝も平家との乱の時に傷に悩む侍を伴い、この湯に入り疲れをいやしたとも。昭和に入っても、戦争中には多くの傷痍軍人が滞在したようだ。このように傷の治療に効能のある温泉であることは確かである。
  その他の効能として、火傷、神経痛、筋肉痛、冷え性、アトピーにも効き目があるとのことだ。

  ここの湯は、弱アルカリ性でナトリウム、カルシウム、塩化物、硫酸塩の成分も含む。私は温泉の成分といった詳しいことはよくわからないが、とにかく熱いので、それだけで何だか効いた気になるから不思議だ。
  洗い場は一応あるけど、入っている人はほとんど石鹸は使わない。十分源泉の湯だけで気持ちがよい。石鹸の化学的な匂いは、ここの温泉には似合わない。
  今は、西湘バイパスが無料なので、大磯からは、海を見ながら一気に湯河原に行けるのも良い。

  当院では、平日限定で治療&湯治コースもアレンジ可なので、ご興味のある方はお問い合わせ下さい!



| 治療一般 | comments(0) | trackbacks(0) |
タイ古式マッサージのこと
  今は日本でも、すっかりタイ古式マッサージは定着したように思える。私が最初にタイマッサージを受けたのは、今からもう20数年前ほど。そのころは、日本にタイマッサージ店などはなく、バンコクでも日本人が行くお店は限られていた。(タイ人が行くようなお店は、至る所にあったが。)

  タイで受けるタイ古式マッサージは、かなり安価で、時間もたっぷりと全身をやってもらえる。また、冷房の効いた部屋で、リラクゼーションとしては最高の時間を過ごすことができる。当時は、世の中こんな気持ちよいマッサージがあるんだなと、感動した記憶がある。

  バンコク駐在時代は、肩こりがひどかったこともあり、週に数日はタイマッサージに通った。かなりの数通っても残念なことに肩こりは治らなかったけど、やはりたっぷり2時間のマッサージは、とても気持ちがよい。マッサージ師によって上手下手の当たりはずれがあることもあるが、まあ値段的には仕方ないことだろう。しかし、当時のこのタイマッサージを数多く受けた経験が、逆に今の私が行う治療に多少なりとも役立っていることは確かである。

  このタイ古式マッサージは、バンコクにあるワットポーというお寺(涅槃像が有名)が総本山とされている。そしてワットポーでは、マッサージを受けるだけでなく、なんと学校もあるのである。この学校は、いつでも誰でも(外国人でも)入れる。

  もし、漠然とでもマッサージを勉強したいなと考えている方がいたら、入門コースとしてワットポーをおすすめする。ジェネラルコースなら1日6時間で5日間で習得でき、最後にはワットポー認定の修了証ももらえるというお土産もつく。私たちは二人とも駐在当時、このタイマッサージが気に入り、自らも勉強したくて、この5日間のコースを習得した。タイ語か英語で教えるから、言葉的にわからない部分も出てくるが、まあ、マッサージなので見よう見まねでやっていれば何とかなる。確か教科書は日本語の説明書きもあったかと思う。値段も8000バーツ(約25000円)と安い。バンコクへの飛行機と滞在費を考えても十分価値はある。

  ただ、日本でタイ古式マッサージの仕事や商売をするとなると、ワットポーの認定ではダメで、日本の法律(あんまマッサージ指圧師・はり師・きゅう師に関する法律)に従い、あんまマッサージ指圧師の免許をとらないとできないので、念のため。

  ところで、なんでタイ古式マッサージと言うのか。タイ語ではヌアッドペーンボーラン(ヌアッドはマッサージ、ペーンボーランは古式の意味)といって、単なるヌアッド(マッサージ)と区別している。ヌアッドだけでは、いかがわしいマッサージを意味してしまうから、やはり古式という区別が必要なのだろう。

参考:ワットポー(英語のページ)
http://www.watpomassage.com

ワットポーの認定証


| 治療一般 | comments(0) | trackbacks(0) |
お灸のこと
 JUGEMテーマ:健康 

  鍼灸師と一言で言いますが、正確には、はり師ときゅう師という別々の国家資格です。
  今回は、きゅう師の施術方法である「お灸」についてです。

  実は、お灸、あまり一般には知られていないようです。当院でもお灸を初めて見るという患者さんがほとんどです。
  せんねん灸など、ドラッグストアでも市販されている温灸とは違い、いわゆるお灸は、モグサ(ヨモギの葉を乾燥させたもの)を、親指と人差し指で米粒大の大きさにひねり、三角錐の形にしたものです。それを患者の皮膚の上にのせ、お線香で火をつけて燃焼させます。

  一瞬、ちくっという熱さを感じることもありますが、何回か連続して続けていくと、じわじわと筋肉の奥まで温かくなるような感じになります。お灸の刺激は、自律神経系、内分泌系、免疫系といったシステムに働きかけ、最終的にホメオスターシス(体の恒常性)の維持につながる治療法と考えられています。

  また、モグサには、揮発性の精油(チネオール)が含まれており、燃焼により独特の芳香を発します。他にも、蛋白質、類脂質、ビタミンBやビタミンCも含んでいます。
  本来のお灸は、直接皮膚の上で燃やすのですが、当院では灸点紙という紙を皮膚の上に貼った上にお灸をしますので、熱感は穏やかで、跡が残ることはありません。

  当院では、主に婦人科系疾患(生理痛、子宮筋腫等)で悩まれている患者さんにお灸を使います。患者さんからは、骨盤内が温かくなった感じでとても気持ちいい、といった声をよく聞きます。
  またこれからの季節、手足の冷えで悩まれている方にも、おすすめの治療です。



| 治療一般 | comments(0) | trackbacks(0) |
鍼のこと(3)
  JUGEMテーマ:健康器具・衛生用品

  今回は、私自身が好きで、やってほしい鍼治療の紹介をします。
 
  それは、「灸頭鍼」(きゅうとうしん)というのですが、鍼とお灸を合わせたものです。
  鍼を患者さんに刺入し、その鍼の頭に「モグサ」(お灸の原料で、ヨモギの葉を乾燥させたもの)の塊をくっつけて、燃焼させます。
  そうすると、鍼の心地良い響きと、モグサのほんのりとした温かさが、何とも気持ち良く、体の芯までほぐされるという感じになるのです。

  この治療は、頑固な肩こりや、慢性の腰痛に効果があって、表面の筋肉をほぐしただけでは効かないという方におすすめです。
  ただ、この灸頭鍼治療には欠点もあります。モグサを燃やすため、大量の煙が出ることです。そのため、モグサの匂いが髪の毛や、服に残ってしまうこともあります。
  それでも、この灸頭鍼治療の効果を実感していただける患者さんも多く、当院では、患者さんの事前の了解の上で行っています。
  
  是非、機会があれば灸頭鍼を試してみてください。特にこれからの季節、冷えきってガチガチの体に、ほんのりと芯まで温まり、奥までほぐされる治療です。

いよいよ刈り入れです


| 治療一般 | comments(0) | trackbacks(0) |
鍼のこと(2)
  JUGEMテーマ:健康器具・衛生用品

  前回に引き続き、今回も鍼についてです。

  一言で鍼治療といっても、百人鍼灸師がいれば、百通りの方法があります。学会と名のつく、鍼の流派も数えきれないほどあります。
  浅く皮膚に少し刺すだけの鍼。逆に、筋肉の奥まで深く刺して響かせる鍼(響くとは、東洋医学用語で「得気」。神経を直接刺激させてびりびりさせる)。小児はり(接触鍼)といって、刺入はしないで皮膚につんつんと刺激をするだけの鍼。鍼に電気パルスを使い、筋肉を動かす鍼。患部に直接刺す鍼や、患部には刺さないで、遠方に刺して、気の流れを利用する鍼。1本しか刺さない流派もあるし、とにかくたくさんの本数の鍼を刺す治療法もある。使う鍼の材質だって、ステンレス、銀や金もあります。

  鍼の世界に一旦入れば、それはそれは奥深い世界といっても過言ではありません。 結局、患者さんが治るのであれば、どんな鍼をしようといいと思うのですが、逆にどんな鍼をすれば患者さんが治るのか。鍼灸師なら最初は誰でも突き当たる壁です。
  また、患者さんの意識にもよるところが大きいことも事実です。鍼が好きで、鍼の響きを心地よいと感じる患者さんには、鍼はとても効果的です。逆に、鍼は嫌だ、という患者さんには、施術者が何と言おうとも、鍼を見るのもいや、ということもあるのです。

  当院で私が大切に考えていること。
  それは、どんな鍼であろうとも、まずは、患者さんとの信頼関係の上に治療は成り立っているということです。そして、鍼治療は、患者さんといっしょに作り上げていく創造的な世界でもあるのです。もちろんそれは鍼に限ってのことではありませんが。
  ですので、私は特に流派や方法にこだわることなく、患者さん一人一人の性格や体質、症状、さらにはその日の体調を十分見極めた上で、それぞれにあった最適な施術をするように常に心がけています。

 ちなみに、私自身がやってほしい思う、好きな鍼もあります。それは次回紹介します。

もうすぐ刈り入れ(大磯町西小磯)


| 治療一般 | comments(0) | trackbacks(0) |
鍼のこと
 JUGEMテーマ:健康器具・衛生用品

 一気に寒くなりました。
 季節の変わり目、体調の変化にも十分気をつけたいものです。

 さて、今回は当院で使っている鍼(はり)についてです。
 鍼といっても、色々な種類があるし、メーカーもたくさんあります。
 当院では、私自身が、各種メーカーの鍼を自分の体で体験し、その太さや、刺入した際の皮膚の感じを試した結果、国産メーカーであるセイリン社のステンレス鍼を使用することにしています。
 価格は他の中国産鍼に比べると割高なのですが、刺入時の痛みはほとんどありませんし、筋肉の抵抗も少なく、スムーズに入っていくのが特徴です。そのため患者さんの身体に余計な負担やストレスをかけることはありません。
 
  セイリン社は、静岡県清水市に工場があります。私も専門学校時代、工場見学に行ったことがありますが、品質管理や衛生管理は全くと言っていいほど問題はなく、技術面においても、世界最高水準のメーカーであると思います。
 やはり、患者さんの皮膚に直接刺入する鍼ですから、その鍼がどういった所で生産され、品質や衛生管理状態を確認した上で使用することは、施術者として必須であると考えています。
 もちろん、衛生面を考慮して患者さん一人一人、全てディスポーザブル鍼(使い捨て)を使用しています。
 
  使用している鍼の太さは、0.16mmと0.18mmの2種類。通常献血で使う注射針の太さが1.1mm〜1.2mmですから、それに比べるとかなり細いです。鍼は痛いとか、怖いから嫌だといった患者さんもいらっしゃいますが、実際使ってみると、予想していた痛みはなく、それ以上に気持ちが良かったと、多くの方が感想を述べられます。鍼の本数や刺入の深さは患者さんの症状や体質によって変えていますが、決して無理なことはしませんので、ご安心ください。
 
  しかしながら、実際当院で鍼治療をしている患者さんは、全体の2〜3割程度です。鍼を使用する場合は、患者さんの症状を十分に見極め、鍼を刺入することで効果が期待できると判断したときに、患者さんの納得の上で行っています。鍼を使用せず、マッサージやリンパマッサージで十分効果が出る疾患もありますので、ケースバイケースです。
 
  いずれにせよ、当院では、患者さんとのコミュニケーションを大事にし、十分な信頼関係の上で最善の治療方法を組み立てていきますので、鍼に限らず治療方法等については、お気軽にご相談いただければ幸いです。



| 治療一般 | comments(0) | trackbacks(0) |
1/1PAGES
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
Selected Entries
Categories
Profile
Archives
Recent Comment
Links
Mobile
qrcode